• ホーム
  • 若い女性に多いクラミジア、ジェネリック医薬品レボクインで治療

若い女性に多いクラミジア、ジェネリック医薬品レボクインで治療

2020年03月21日

クラミジアは日本国内で最も感染者数の多い性病だということができ、その患者数は40万人以上であると言われています。最近は若い女性の間で感染する人が多く、特に若い女性はクラミジアになっている可能性に注意しておかなければならないと言えるでしょう。この病気は病院などで検査を行って適切な治療薬を用いて症状の改善を行うことができるので、早く治療を開始することができれば完治することができます。感染した恐れがあるのであれば、医療機関や保健所の検査を利用して、早く症状の改善が始められるようにしてください。

なかには医療機関を利用して性感染症であるかどうかをチェックしてもらうことが恥ずかしいと感じる人もいるようですが、放置してしまうと治りにくくなってしまうだけではなく、不妊症などの重い症状を引き起こす可能性があるので、なるべく早くチェックすることが必要です。全国各地の保健所では匿名や無料で性病チェックを行っているところもありますので、そういったサービスを利用することもおすすめだと言えます。実際に足を運ぶ勇気がない場合は、電話で保健所の人に匿名相談を行うこともできますから、まずは相談することから始めても良いでしょう。

医療機関や保健所の検査で陽性反応が出た場合は、適切な治療を進めて行かなければなりません。クラミジアはレボクインと呼ばれるジェネリック医薬品でも治療を行うことができます。このレボクインはクラビットのジェネリック医薬品ですが、クラビットと同様の有効成分が含まれており、同等の効果を期待することができるので安心して服用することが可能です。クラビットはクラミジアの病原菌を効果的に退治する医薬品であり、そのジェネリックであるレボクインも同じ効果を期待することができます。

まだジェネリックに対して抵抗を持っている人は少なくありませんが、これは病院でも処方されることがある効果的な治療薬なので安心して利用して良いです。開発コストがかからないという理由から料金が安いだけですので、効果に関して何か問題があるということもありません。病院で処方してもらう以外にも通販で購入することができます。通販で購入する場合は、個人輸入代行サービスを利用して海外から取り寄せることになりますが、代行サービスはとても簡単に利用することができるので、誰でも簡単にレボクインを購入することが可能です。

クラミジアの感染者数は決して少なくありませんから、感染した恐れがあるときは検査を行ったり正しい治療を行ったりしていく必要があります。性病のなかには自覚症状を持ちにくいものもありますが、クラミジアもその代表的な病気のひとつであり、感染したことに気づかない人が多いと言えるでしょう。クラミジア患者とセックスをしてしまった場合などは、たとえ身体に症状があらわれていないとしても、感染を疑って医療機関を受診するようにしてください。陽性であればレボクインなどを用いて治療を進めて行くことが大切です。